未経験者が副業Webライターになる方法【経験者が解説】

未経験者が副業Webライターになる方法

Webライターの副業をして稼げるようになりたいけど、未経験でも大丈夫だろうか。。。

副業Webライター

1記事5円以上で記事を書く副業Webライターが答えていきます。

結論から言うと、未経験者でも比較的簡単にWebライターになれますが、そこそこ稼ぐ(単価を上げていく)ためには様々な工夫が必要になってきます。

目次

Webライターの副業をやる5つのメリット

Webライターの副業をやるメリットは、大きく5つあります。

  • 在宅でも取り組める
  • スキマ時間を使ってできる
  • 本業の経験をライティングに生かせる
  • ライティングの経験を本業に生かせる
  • 会社にバレない

それぞれ詳細を見ていきましょう。

在宅でも取り組める

Webライターの副業は、ほぼ在宅のまま仕事をできます。

クライアントとのやりとりは、チャット、メール、ビデオ会議だけで完結できますし、取材元にインタビューする場合も大半はビデオ会議で事足ります。

現場に足を運んで写真を撮影する必要がない限りは、Webライティングの仕事のために外出することはありません。

スキマ時間を使ってできる

Webライターの副業は、スキマ時間でやれます。

本業を持っている人が副業をやる上で、時間を柔軟に調整できることは重要な要素です。

Webライターの場合、決められた時間に拘束されるのは打合せのビデオ会議くらいで、多くの場合は1時間程度ですし、そもそもビデオ会議なしでチャットだけで仕事が進むことも少なくありません。

あとは決められた納期に記事を納品できさえすれば、納期までの時間の使い方は自由です。

本業の経験をライティングに生かせる

Webライティングをするときに、テーマに関する周辺知識があると、より具体的な情報を盛り込んで記事を書けるようになります。

たとえば、本業で携帯電話の販売をやっている人は、携帯電話に関するコラムを一般の人が持っていない視点で、一般の人には書けない詳細さで記事を書けるでしょう。

副業Webライター

私も経験を生かせる分野でWebライターをやっています。

本業の経験を生かせるWebライティングをやると、単に「ライティングができます」というよりは単価アップにもつなげやすくなります。

ライティングの経験を本業にも生かせる

Webライターの経験は、本業にも生かせます。

文章を論理的にわかりやすく書ける能力は、仕事上のコミュニケーションをより円滑にするスキルにもつながるからです。

仕事で提案書やプレゼンテーション資料を作る機会のある人は、Webライティングのスキルを使って相手を説得できるようにもなります。

副業Webライター

副業でライティングをやっていると、本業でも「報告書が読みやすくなった」と言われるようにもなります。

ライティングは仕事力の基礎として、幅広い仕事で活用できるスキルでもあるのです。

会社にバレない

Webライターの仕事は匿名でもできるので、会社にバレることはありません。

この後に紹介するクラウドソーシングでは、多くの匿名ライターがいますが、皆さん普通に仕事を受注しています。

副業Webライター

私は発注側にもなったことがありますが、相手が実名か匿名かを気にしたこともありません。

Webライターに必要な3つのスキル

副業Webライターが持つべきスキルは大きく分けて、以下3つです。

  • 記事を構成するスキル
  • 記事に必要な要素を取材するスキル
  • 文章をわかりやすく書くスキル

それぞれ詳細を見ていきましょう。

記事を構成するスキル

ライティングをするためには、テーマに対して記事の構成を考えるスキルが必要です。

ブログ記事の場合だと、タイトルを決めて、H2やH3といった見出しを構成する力です。

いくら文章を書くのが得意であっても、記事の構成を考えられないと細かいところで支離滅裂になってしまい、「何が言いたいのかわからない」という文章になってしまいます。

記事の構成スキルを高めるためには、ベースとなる論理的思考力を磨く必要があります。

記事に必要な要素を取材するスキル

構成が決まったら、記事に必要となる要素を取材する必要があります。

良質な記事を書くためには、取材は必須です。

取材には、以下のような方法があります。

  • 対象となる商品やサービスの公式サイトやニュースリリースなどを調べる
  • 対象となる商品やサービスの競合を調べる
  • 公的機関の統計情報を調べる
  • ネットの口コミや評判を調べる
  • アンケートをとる
  • インタビューをする
  • 現場や現物の写真を撮って状況をまとめる
副業Webライター

取材の手段を多様に持っている人ほどライターとしての価値は高いです。

特にお金のかかるアンケートや、一次情報を取るためのインタビュー、現場・現物の写真などは、価値の高い素材になります。

もちろん、こうした価値の高い取材は中級者以上のスキルになるので、初心者のうちは公的機関の情報を調べたり、ネットの口コミを調べたりするところからやるのがよいでしょう。

文章をわかりやすく書くスキル

構成を決めて取材ができたら、記事を書いていきます。

内容を正確に伝えるためには文章をわかりやすく書くスキルが必要です。

一般的にWebライティングにおけるわかりやすい文章とは、誤字脱字がないことはもちろん、論理的で、無駄な表現がなく簡潔にまとまった文章です。

Webライティングスキルを上げるための7つの練習方法

Webライターの副業を始める方法【まずやることは2つ】

Webライターの副業を始めるためには、以下2つのことをやりましょう。

クラウドソーシングに登録する

副業Webライターとしての一歩を踏み出すためには、仕事を受注して実績を積み上げていく必要があります。

とはいえ、未経験者はクライアントとのつながりもないので、まずは仕事が集まってくる場所で活動するようにします。

その仕事の集まる場所が、クラウドソーシングです。

主なクラウドソーシングは、以下3つです。

クラウドワークスクラウドソーシングの大手です。Webライターの募集が多いプラットフォームです。
ランサーズクラウドワークスに並ぶクラウドソーシングTOP2の1つです。
ココナラスキルシェアの最大手です。自分のスキルやノウハウを商品として出品するサービスで、ライティングスキルを出品することもできます。

まずは、クラウドワークスランサーズに登録してライティング案件に応募するところから始めましょう。

少し慣れてきたら、ココナラで自分のライティングスキルを売りに出すのがよいでしょう。

最初のうちは、単価の安い案件(1文字0.5円以下)から実績を積む必要があります。

Webライターにおすすめのクラウドソーシング8選

自分でブログを作る

未経験者にとっては、自分でブログを作ってみるのも有効な一歩です。

自分でブログを作ることには、以下のメリットがあります。

  • 世の中の反応を見ながらライティングの練習をできる
  • ブログの運営経験が実績と認められて、仕事を受注しやすくなり、単価アップにもつながる
  • ブログを収益化することで、クライアント以外からもお金を得られる

ブログを作って発信すると、検索エンジンにどのように評価されるのか、読者からどのような反応が得られるのかを確かめながらライティングのスキルを磨けます。

加えてブログ運営自体がライティングの実績になるので、仕事を受注するときにアピールしやすくなったり、単価アップをしやすくなったりします。

たとえば、下のグラフは2021年7月に立ち上げたブログのアクセス推移です。

ブログアクセスの例

このように具体的なアクセス数やその推移などは、ライティング案件を獲得するときの材料として利用できます。

副業Webライター

さらにブログを収益化できれば、クライアント以外からの収益源にもなるので、副業のモチベーションをさらに上げられるようになります。

ただし、未経験からブログ運営を軌道に乗せるには時間がかかるので、クラウドソーシングで仕事を受けながら徐々に立ち上げていくことをおすすめします。

あわせて読みたい
ワードプレスでブログを始める7つのステップ ブログを始めてみたいけど、何からやればよいのだろう? ブログ歴5年以上、過去7つのブログを立ち上げた経験のある副業Webライターが解説していきます。 この記事では、...

Webライターの副業を成功させるためのポイント

Webライターで成功させようと思うなら、単価を上げていく必要があります。

1日で書ける文字数は、最初のうちは2,000文字くらいが限界、少し慣れたとしても5,000文字くらいです。

文字単価0.3円の仕事だと、休日に頑張って5,000文字を書いても、5,000文字×0.3円×10日=1.5万円にしかなりません。

しかし、1文字2円で書けるようになれば、5,000文字×2円×10日=10万円です。

月10万円の副業収入でよいと思うなら、これで目標達成です。

単価を上げるためには、以下5つのことが重要です。

  • 単価を上げられる余地のある案件を受注する
  • クライアントの売上アップにつながる提案をする
  • 専門分野を作る
  • クライアントのスイッチングコストを高める
  • 上流の仕事も含めて獲得する

単価アップの詳細を以下の記事に詳しく書いているので、あわせてご覧ください。

あわせて読みたい
Webライターは稼げない?【単価アップの方法を教えます】 Webライターなんて単価も低いし稼げないよ。。。 1文字5円以上で記事を書く副業Webライターが、単価アップの方法を解説していきます。 Webライティングの仕事で稼ぐため...

Webライターの副業に関する【よくある質問】

Webライターなんてオワコンじゃないですか?

Webメディア、Web広告の市場は伸びていて、Webライター自体は需要がありオワコンではありません。ただし、専門性やスキルを磨きながら取り組まないと個人としてオワコンになる可能性はあります。

副業で月にいくらくらいの収入になりますか?

月5万~10万円くらいなら、作業量だけでも到達できます。それ以上儲けようと思うと、文字単価を上げる努力が必要になります。詳しくは「Webライターは稼げない?【単価アップの方法を教えます】」に書いています。

30代でも始められますか?

始められます。40代から始めた知人もいます。30代、40代は社会経験も豊富なので、さまざまな視点でライティングができる強みがあります。私は外注でWebライターに記事を書いてもらうこともありますが、相手の年齢を気にしたことは一度もありません。

主婦でも始められますか?

始められます。むしろ、時間の制約が大きい主婦の方には、向いている仕事だと思います。ただし、単価を上げていきたいと思うなら、自分の得意分野を作りながら仕事に取り組むことを意識したほうがよいです。

まとめ

以上、未経験者がWebライターの副業を始める方法について解説しました。

Webライティングの副業を始めるなら、まずはクラウドソーシングに登録してライティング案件を受注しましょう。

クラウドワークスクラウドソーシングの大手です。Webライターの募集が多いプラットフォームです。
ランサーズクラウドワークスに並ぶクラウドソーシングTOP2の1つです。
ココナラスキルシェアの最大手です。自分のスキルやノウハウを商品として出品するサービスで、ライティングスキルを出品することもできます。

さらにブログを開設すると、ライティングの練習になるだけでなく、実績として認められるようなる、収益化できるようになるというメリットもあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる